勉強する意味と目的について

勉強する意味と目的について

人はなぜ、勉強をしなければならないのでしょうか。
その意味と目的について、よく学生時代に考えさせられたことではないでしょうか。
私は物事の意味が分からなければ、何も出来ないから勉強するのだと思います。

一般には、社会に出てから役に立つ知識と教養を身につけるためなどよく言われます。
また、目的に関しては、一般の親曰く「良い大学に入りなさい。良い会社に就職しなさい。」などよく耳にします。
いずれも、それなりに勉強する上で動機と目的になっています。

しかし、それが最終目標ではないのではないかと思います。
本当の勉強する意味と目的は社会に出てから仕事を通じて周りの人々に貢献する周りの人々を喜ばせる、周りの人々を働く事によって楽にする、そんな意味があるのではないでしょうか。

人はやはり社会と言うものを無視して自分一人では生きていけないと思います。
社会人として成長し、人の役に立つ人間にならなければならないのではないか…と考えます。
考えてみれば、結局、勉強は自分の為だと思います。

学問を通して社会の役に立ち、人の為になるという事は、人の役に立ち、助けになるという事、その事により徳を積む事が出来るのです。
徳を積むことにより、本人の自信になり、立派な社会人として成長していけるのです。