自主学習(家庭学習)は得意分野に時間をかけて!!

自主学習(家庭学習)は得意分野に時間をかけて!!

一般的に小学校に入学したころから我が子の学力が気になる保護者が増え始めます。

小学校をお受験するご家庭だともっと早くから、教育については意識が高まっていることでしょう。
お受験するならお受験用の勉強があって、皆さんそれなりの家庭学習をされていますね。

ここではお受験とはステージを別と考えて、普段の家庭学習におすすめしたいポイントをご紹介します。

毎日学校から出される宿題、これは家庭学習には入りません。
クラス全員に同じ内容の課題が出されていますから、宿題は最低限しなくてはいけない勉強として考えます。

その他に自分で選んでする勉強を自主学習(家庭学習)と言います。
その日に自分がやりたいと思った事や授業で気になるポイントなどを書いたり調べたりしていくのですが、ここでよく見られるのは皆さん苦手なものを取り上げて克服するために勉強する、という姿勢です。

苦手なことができるようになることは素晴らしいことですから否定はしません。
出来なかったことができるようになれば、子ども自身達成感を得られ「頑張ってよかったな~」と思うはずです。
ですから苦手なことはあえて「チャレンジ勉強」として取り組むめばいいと思うのです。
チャレンジする気持ちが張り切れている時にするのは有効だと思うのですが、あまりそんな気分でない時には苦痛以外の何物でもなくなってしまいます。

自主的にする自主学習(家庭学習)は得意なこと、興味のあること、時間をかけて続けたいことなどを優先して選んでみてください。
始めは出来ることより出来ないことを優先させたい気持ちをガマンしないといけないかもしれません。
でも、子ども自ら進んで取り組む姿や集中している様子を見ているうちに「これでいい」と思えてきますから不思議です。
得意なことがもっと好きになれば自然と自信がでてきます。
自信がつくと視野もひろがって興味を持てることも増えてきます。
そして新しく興味をもったことを自分から勉強をしようと思えてくるのです。

一見遠回りのように感じられるかもしれませんが、子どもが自分からやってみよう!という気持ちになることが大切なのです。
そしてこの積み重ねがゆくゆくは自分の力で学力アップできる自信となって自立にむけて成長していくのだと思っています。

まずは子供がどんなことに興味をもっているのか?どんなことが得意なのか?をしっかりと認めてあげることが親の役割!
こんな理由で我が家での自主学習は自由学習になっています。